機能のメリット

甘く見ないで!メール誤送信

機能のメリット

メール誤送信防止機能によるメリット メール誤送信防止とは何か、機能があることで得られるメリットについて気になるところではないでしょうか。
メール誤送信防止は名前のように、誤送信を防ぐ為に開発された機能で、誤った内容を送ることで生じるトラブルやリスクを回避できるメリットがあります。また初歩的なうっかりミスを防げますから、忙しくて集中力を欠いてしまったり、間違いが許されないような業務に従事している人にとって安心感が得られます。
一方、企業にとってのメール誤送信防止機能は、企業イメージのダウンや社会的な信用の失墜を避けるのに役立ちます。イメージも信用も、一度失うと取り戻すのに時間と労力を要しますから、それを失わずに済むメール誤送信防止は頼りになります。勿論、ミスしないように気をつけてメールを扱うことが大切ですが、人間はミスをする生き物なので、いくら慎重な人でもいつか失敗する可能性があるわけです。そのミスを含めてリスクを避けられる優れた機能は、企業だけでなく個人にも有力で、とても役立つ機能だといえるのではないでしょうか。

宛先のメールアドレスチェックでメール誤送信防止

宛先のメールアドレスチェックでメール誤送信防止 電子メールの送信でやりがちな失敗としては間違った宛先に送ってしまうということで、場合によっては重大な問題に発展するリスクがあります。近年ではメールによるやり取りを減らすような取り組みも行われていますが、それでも広く使われておりメール誤送信防止は電子メールを扱っている者にとっては真剣に考えておくべきものです。
宛先間違いのメール誤送信防止の方法にはいくつかの種類がありますが、基本的には入力が正しく行われているかどうかのチェックと、アドレスのほか名前なども整理する必要があります。特に間違いやすいものとしては英語表記で管理すると紛らわしい表記となった場合に見誤るリスクがありますから、日本語で管理するということもポイントです。また略さずに正式な社名で登録することも見間違いを避ける上では欠かせません。
それと便利なオートコンプリートの機能をオフにすることも、誤送信防止に役立ちます。オートコンプリートは過去に入力したデータを自動的に入力してくれるというものですが、似通ったアドレスが表示された時にそれが正しいものとは限りません。可能な限り手作業でアドレス帳から選んで、メールアドレスを入力することがメール誤送信防止に効果があります。

新着情報

◎2021/12/24

誤送信防止機能
の情報を更新しました。

◎2021/9/30

機能のメリット
の情報を更新しました。

◎2021/8/11

サイト公開しました